シミ・そばかす・くすみ・たるみなどのお悩みなら名古屋市栄・三重県津市にある栄美容クリニックへ

mail

栄美容クリニック 栄

栄美容クリニック 津

栄美容クリニック 栄

栄美容クリニック 津

052-263-1127 栄美容クリニック 栄

059-202-8101 栄美容クリニック 津

目の下の脂肪取り失敗しないための回避方法について

2023年12月13日

目の下の脂肪取りは、目の下のたるみやクマを改善するための一般的な美容手術の一つです。しかし、この手術は専門的な技術を必要とし、適切な手法が用いられない場合、失敗する可能性があります。

この記事では、目の下の脂肪取りが失敗しないための回避方法について詳しく解説します。手術を検討している方、すでに手術を受けて失敗したと感じている方はぜひ参考にしてみてください。

目の下のたるみ・クマの原因

目の下のたるみやクマは、さまざまな要因により引き起こされます。主な原因としては、以下の通りです。

参考:Tear trough deformity: review of anatomy and treatment options

皮膚のたるみ

皮膚のたるみは、年齢とともに皮膚の弾力を保つ成分であるコラーゲンやエラスチンの生成が減少することにより引き起こされます。これにより、皮膚はその弾力を失い、たるみやしわが生じます。特に、目の下の皮膚は薄く、デリケートなため、この現象が顕著に現れやすいのです。

さらに、紫外線や乾燥、ストレス、不規則な生活習慣なども皮膚のたるみを引き起こす要因となります。これらの要因は、皮膚のコラーゲンやエラスチンを破壊し、皮膚の弾力を失わせることで、たるみを引き起こします。

脂肪の減少

脂肪の減少は、年齢とともに体の脂肪組織が減少することにより引き起こされます。特に、目の下の脂肪は、顔全体の中でも特に減少しやすい部位であり、その結果、目の下が凹んで見え、たるみやクマが生じることがあります。

脂肪の減少は、遺伝的な要素や生活習慣、ホルモンバランスの変化などによっても引き起こされます。また、急激なダイエットによる体重の減少も、脂肪の減少を引き起こす一因となります。

筋肉の衰え

目の周りには細かい筋肉が集まっており、これらの筋肉が衰えると、皮膚を支える力が弱まり、たるみが生じます。また、筋肉の衰えは血流の悪化を引き起こし、これがクマの原因となることもあります。

目の下の脂肪取りの主な治療方法とは?

目の下の脂肪取りの主な治療方法には、切開法とハムラ法があります。これらの方法はそれぞれ異なる特徴と利点があり、患者さまの状態や希望により適切な方法が選ばれます。

切開法

切開法は、目の下の皮膚を直接切開して脂肪を取り除く方法です。この方法は、大量の脂肪を取り除く必要がある場合や、皮膚のたるみも同時に改善したい場合に適しています。切開法は一般的には局所麻酔下で行われ、手術時間は約1時間程度です。術後は腫れや内出血が生じることがありますが、適切なケアと経過観察により、これらの症状は徐々に改善します。

ハムラ法

ハムラ法は、目の下の皮膚を切らずに脂肪を取り除く方法です。この方法は、脂肪のみを取り除きたい場合や、切開による痕を避けたい場合に適しています。ハムラ法は特殊な針を用いて脂肪を溶解し、吸引するため、切開法に比べてダウンタイムが少ないという利点があります。

詳しくはこちらをご覧ください

目の下の脂肪取りについて|施術方法、症例写真など詳しく紹介

目の下を脂肪を取る施術の失敗例

目の下の脂肪取りの施術が失敗すると、以下のような問題が生じることがあります。

目の下が凹んでしまう

目の下の脂肪取り手術では、適切な量の脂肪を取り除くことが重要です。しかし、脂肪を取りすぎてしまうと、目の下が凹んでしまうことがあります

目の下が凹むと、疲れたような印象を与えるだけでなく、目立つクマの原因にもなります。また、凹みが深い場合は、目の下の皮膚が薄くなり、血管が透けて見えることもあります。

このような状態を改善するためには、ヒアルロン酸注射や脂肪移植などの補填治療が考えられます。しかし、これらの治療も専門的な技術を必要とするため、信頼できる医師に相談することが重要です。

目の下の皮膚がたるんでしまう

目の下の脂肪取り手術後に皮膚がたるんでしまうことがあります。これは、脂肪を取り除いた後、皮膚がその下の組織にしっかりと密着せず、余分な皮膚が残ってしまうためです。特に、皮膚の弾力が失われている高齢者や、大量の脂肪を取り除いた場合に生じやすいです。

目の下の色素沈着が起こる

手術後に皮膚に色素沈着が起こることがあります。これは、術後の炎症や血流の悪化により、皮膚の色が暗くなることを指します。特に、皮膚が薄い目の下の部分は色素沈着が起こりやすい部位とされています。

色素沈着は、目の下のクマを強調し、疲れた印象を与える原因となります。また、色素沈着が起こると、自然に消えるのは難しく、治療が必要となることが多いです。

左右差が生じてしまう

目の下の脂肪取り手術においては、左右の目の下の脂肪の量を均一にすることが重要です。しかし、施術により左右の目の下の脂肪の量が均一でなくなり、左右差が生じてしまうことがあります。これは、施術の技術や経験により大きく影響されます。

左右差が生じると、顔全体のバランスが崩れ、不自然な印象を与える可能性があります。また、自己の見た目にコンプレックスを感じる原因ともなります。

失敗しないための対策について

目の下の脂肪取り手術が失敗しないためには、以下のような対策が重要となります。

信頼できるクリニックと医師を選ぶ

目の下の脂肪取り手術の成功は、施術を行うクリニックと医師の技術力に大きく依存します。そのため、信頼できるクリニックと医師を選ぶことが最も重要な対策となります。

まず、医師の経験と専門性を確認することが重要です。目の下の脂肪取り手術は、高度な技術を必要とする手術であり、豊富な経験と専門性を持つ医師を選ぶことが求められます。

また、クリニックの評判や口コミを確認することも重要です。これにより、実際の手術結果やサービスの質をある程度把握することができます。

カウンセリングをしっかり受ける

目の下の脂肪取り手術を成功させるためには、手術前のカウンセリングをしっかりと受けることが重要です。カウンセリングでは、自分の希望や悩みを医師に伝え、医師の意見をしっかりと理解することが求められます。

また、手術の方法やリスク、術後のケアについても十分に理解しておく必要があります。これらの情報を理解することで、手術の結果に対する期待値を適切に設定し、不安を軽減することができます。

施術後のケアを行う

目の下の脂肪取り手術後のケアは、手術の成功と結果の維持に大きく影響します。医師から指示されたケアをきちんと守り、早期に異常を察知し、適切な対応を取ることが求められます。

また、術後の生活習慣も重要で、十分な休息を取る、健康的な食事を心掛ける、適度な運動を行う、タバコやアルコールの摂取を控えるなどが推奨されます。

目の下の脂肪取り(下眼瞼脱脂)の症例写真

以下に、目の下の脂肪取り(下眼瞼脱脂)を受けた患者さまの症例写真をご紹介致します。

【施術内容】

目の下にある脂肪(クマ)をまぶたの裏から取り除きました。

【費用】

165,000円~275,000円

【副作用とリスク】

腫れや内出血が出る可能性がございます。

まとめ

目の下の脂肪取りは、目の下のたるみやクマを改善するための一般的な美容手術の一つです。しかし、この手術は専門的な技術を必要とし、適切な手法が用いられない場合、失敗する可能性があります。そのため、信頼できるクリニックと医師を選び、事前のカウンセリングをしっかり受け、術後のケアを行うことが重要です。

当院では形成外科医として経験豊富なドクターが「目の下の脂肪取り(下眼瞼脱脂)」を行っております。詳しい内容については以下のメニューページよりご確認くださいませ。

目の下の施術 | SAKAE美容クリニック