シミ・そばかす・くすみ・たるみなどのお悩みなら名古屋市栄・三重県津市にある栄美容クリニックへ

mail

栄美容クリニック 栄

栄美容クリニック 津

栄美容クリニック 栄

栄美容クリニック 津

052-263-1127 栄美容クリニック 栄

059-202-8101 栄美容クリニック 津

裏ハムラ法(下眼瞼形成術)とは?ハムラ法との違いについて

2023年12月13日

裏ハムラ法とは

裏ハムラ法とは、下眼瞼形成術の一種で、目の下のたるみを解消するための手術方法です。この手術は、目の下の皮膚を切開せず、目の内側からアプローチすることで、傷跡を目立たなくすることが可能です。

また、眼窩脂肪の移動を行うことで、自然な形状の涙袋を残すことができます。この手術は、美容外科の分野で広く認知されており、その効果と安全性から多くの患者さまに選ばれています。

参考:Transconjunctival approach in lower eyelid blepharoplasty

裏ハムラ法のメリット

裏ハムラ法を選択するメリットは以下の通りです。

再発リスクの低減

裏ハムラ法の大きなメリットは、再発リスクの低減です。この手術では、眼窩脂肪を適切な位置に移動させることで、再発リスクを大幅に低減することが可能です。具体的には、眼窩脂肪を自然な位置に固定することで、再び目の下のたるみが形成されることを防ぎます。

これにより、一度の手術で長期的な効果を得ることができ、再手術の必要性を減らすことができます。

施術箇所に傷跡が残らない

施術箇所に傷跡が残らないことも裏ハムラ法のメリットです。この手術は、目の下の皮膚を切開せず、目の内側からアプローチするため、傷跡が目立たないという特性があります。これは、手術後の見た目を大きく左右する要素であり、特に美容手術を受ける方々にとっては重要なポイントとなります。

涙袋を残せる

涙袋を自然な形で残すことができる点もメリットです。裏ハムラ法では、眼窩脂肪を適切な位置に移動させることで、涙袋を自然に形成します。これにより、手術後も自然な表情を維持することが可能となります。

また、涙袋を残すことで、目元に立体感を出すことも可能です。これは、特にアジア人の顔立ちに合った手術方法と言えるでしょう。

ハムラ法との違いとは?

ハムラ法は、目の下の皮膚を直接切開し、眼窩脂肪を移動または除去する手術方法です。これに対して、裏ハムラ法は、目の内側からアプローチし、皮膚を切開せずに眼窩脂肪を移動させます。このため、裏ハムラ法では、手術後の傷跡が目立たないというメリットがあります。

また、ハムラ法では涙袋を完全に除去するのに対し、裏ハムラ法では涙袋を自然な形で残すことが可能です。これにより、裏ハムラ法ではより自然な見た目を保つことができます。

これらの違いから、裏ハムラ法はハムラ法に比べて、傷跡が目立たない、自然な見た目を保つことができるといったメリットがあります。

参考:Three Simple Steps for Refining Transcutaneous Lower Blepharoplasty for Aging Eyelids: The Indispensability of Micro-Autologous Fat

裏ハムラ法のダウンタイム

裏ハムラ法のダウンタイムは、一般的に1週間から2週間とされていますが、手術の規模や個々の患者さまの体質により異なる場合があります。

手術直後は、施術箇所に腫れや内出血が生じることがありますが、これらは通常、数日から1週間程度で自然に軽減します。また、痛みは局所麻酔により最小限に抑えられ、手術後も適切な痛み管理が行われます。

ダウンタイム中は、重い物を持ち上げるといった激しい身体活動を避け、十分な休息を取ること推奨です。また、施術箇所の清潔を保つことで、感染リスクを低減することができます。

このダウンタイムを経て、患者は自然な涙袋と目の下のたるみの改善を実感することができます。裏ハムラ法は、その効果の持続性と比較的短いダウンタイムから、多くの患者さまに選ばれています。

裏ハムラ法の施術の流れ

裏ハムラ法の施術の流れは以下の通りです。

  1. カウンセリング
  2. 麻酔
  3. 切開
  4. 眼窩脂肪の移動
  5. 縫合
  6. 抜糸

カウンセリング

まず初めに、医師がカウンセリングを行います。この段階では、患者さまの希望や悩みを詳しく聞き、最適な手術方法や手術の進行方法について説明します。また、手術のリスクやダウンタイム、必要なケアについても詳しく説明します。

麻酔

次に、局所麻酔を行います。裏ハムラ法は、目の内側から行う手術のため、局所麻酔により痛みを感じることなく手術を受けることができます。

切開

麻酔が効いたところで、目の内側から切開を行います。この切開は、目の下の皮膚を切らずに行うため、傷跡が目立たないというメリットがあります。

眼窩脂肪の移動

切開後、眼窩脂肪を適切な位置に移動させます。これにより、涙袋を自然な形で残すことができます。

縫合

眼窩脂肪の移動が終わったら、切開部を縫合します。この縫合も目の内側から行うため、外からはほとんど見えません。

抜糸

手術後1週間から2週間後に抜糸を行います。この間、適切なケアを行うことで、回復を促進します。

参考:Transconjunctival approach in lower eyelid blepharoplasty

裏ハムラ法の症例写真

※症例写真がございましたら共有お願い致します

裏ハムラ法の副作用

裏ハムラ法の副作用としては、手術直後に一時的に腫れや内出血が見られることがあります。これらは通常、手術後数日から1週間程度で自然に軽減します

また、手術による刺激で一時的に目の乾燥感や涙の分泌が変わることがありますが、これも時間とともに改善します。

重大な副作用としては、感染や出血、神経損傷などが考えられますが、これらは適切な手術手技と術後管理により、そのリスクは非常に低いとされています。

それぞれの患者さまの体質や健康状態により副作用の程度は異なりますので、手術前のカウンセリングで医師としっかりと話し合い、理解した上で手術を受けることが重要です。

裏ハムラ法の料金

裏ハムラ法の施術費用は、施術を行うクリニックや施術方法、患者さまの状態により異なります。一般的には、数十万円の範囲であることが多いです。

当院の本治療にかかる費用は以下の通りです

目の下の脂肪取り・クマ取り 裏ハムラ通常:375,000円〜

詳しくはこちらをご覧ください

目の下の施術 | SAKAE美容クリニック

まとめ

裏ハムラ法は涙袋の改善や目の下のたるみを解消するための手術方法で、その効果と安全性から多くの患者に選ばれています。特に、再発リスクの低減、傷跡が目立たない、自然な涙袋を残せるというメリットは、他の下眼瞼形成術と比較しても優れています。

しかし、手術は体への負担であり、副作用のリスクもゼロではありません。そのため、手術を受けるかどうかを決める際には、自身の体質や健康状態、手術のリスクやダウンタイム、をしっかりと理解することが重要です。

もし、涙袋や目の下のたるみに悩んでいて、これまでの治療法に満足できなかったのであれば、裏ハムラ法を選択肢の一つとして考えてみてはいかがでしょうか。

当院では形成外科医として経験豊富なドクターが「裏ハムラ法」を用いた手術を行っております。詳しい内容については以下のメニューページよりご確認くださいませ。

目の下の施術 | SAKAE美容クリニック